SSブログ
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)、発売中!! くわしくは、こちらへ

東武鉄道大追跡 カバー.jpg

拙著『東武鉄道大追跡』(アルファベータブックス刊)、2021年2月9日(火曜日)発売!! くわしくは、こちらへ

●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。
     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

2008年の汽車旅4-13 [汽車旅2008]

◆1つの車両に行先は2つ  

7時38分に厚狭を発車し、すぐに山陽本線と別れ、左へ曲がる。  

スピードは速く、ポイントを通過し、駅を通過するのかと思いきや、鴨ノ庄信号場を通過。最初の停車駅、湯ノ峠(Yunotoh)に到着すると雨が降っていた。

P1340290(次は厚保).JPG
 
湯ノ峠発車後、急に道が険しくなり、勾配を登ってゆき、雨足も強くなってゆく。一時は20㎞/hでしか走れなかった。  

厚保(Atsu)で2両編成の普通列車厚狭行きワンマンカーと行き違うが、高校生の数が多い。ローカル線は高校生の通学利用が主体で、おそらく厚狭で下車するのだろう。  南大嶺はかつて、支線の起点駅で、大嶺まで結んでいた。  

美祢線は明治38年(1905年)9月13日(水曜日)、山陽鉄道の手で、厚狭-大嶺間でスタート。この当時、「美祢線」と名づけられていないが、明治39年(1906年)12月1日(土曜日)には早くも国鉄の路線となり、明治42年(1909年)10月12日(火曜日)、厚狭-伊佐(1949年11月1日、「南大嶺」に改称)間は「大嶺線」と名づけられる。  

大正5年(1916年)9月15日(金曜日)、美祢軽便鉄道伊佐-重安間が開業するが、大正9年(1920年)6月1日(火曜日)、国鉄化にともない、「美禰軽便線(Mine-Keiben Line)」と命名。4か月後の10月30日(土曜日)には於福(Ofuku)まで延伸した。  

大正11年(1922年)9月2日(土曜日)、「美禰線」に改称され、大正13年(1924年)3月23日(日曜日)、於福-正明市(Show-myo Ichi.1962年11月1日、「長門市」に改称)間が延伸。これにより、大嶺線は美禰線に統合される。  

その後、美禰線はハシから順に阿川、仙崎、宇田郷まで延伸したが、昭和8年(1933年)2月24日(金曜日)、山陰本線の全通にともない、路線は厚狭-正明市間、伊佐-大嶺間に縮小される。また、昭和38年(1963年)10月1日(火曜日)には「美祢線」に改称される。  

昭和46年(1971年)に大嶺炭鉱が閉山。貨物輸送が激減し、昭和59年(1984年)1月1日(日曜日・元旦)以降、支線は旅客輸送のみとなったが、晩年は1日6往復しか運行せず、平成8年(1996年)12月にJR西日本は支線の運行打ち切りを決定。支線は2.8キロしかないこともあり、地元も同意したため、平成9年(1997年)3月31日(月曜日)でフォーエヴァー。バスの運行に切り替えている。

なお、国鉄の特定地方交通線の転換事業が終了後、旅客路線の切り捨ては平成7年(1995年)9月3日(日曜日)にJR北海道深名線(Shinmei Line)、平成9年(1997年)3月7日(金曜日)のJR西日本片町線片町-京橋間と3月31日(月曜日)の美祢線支線、2003年11月30日(日曜日)の可部線可部-三段峡間がある。

雨はやみ、美祢で高校生が全員下車。有人駅とあってか、進行方向右側すべてのドアが開く。このため、利用客は私を含め、たった9人で、急激に減った。



P1340293(次は於福).JPG

その後も“田舎道”をゆき、進行方向右側には国道316号線と並走。山口県のガードレールはオレンジに塗られているのが多く、これはみかんの産地であることをアピールするためである。まるで東京ドームのポールを彷彿させる色合いだ。

平成2年(1990年)4月7日(土曜日)の巨人VSヤクルトスワローズの開幕戦で、篠塚利夫選手(1992年に「和典」へ改名)がライトスタンドへホームラン。しかし、野村克也監督は「ファール」と猛抗議(ヤクルトスワローズの監督に就任した最初の試合)。当時、東京ドームのポールは白で、スローVTRで見てもホームランなのか、ファールなのか見分けがつかない状況だった。

試合は延長戦の末、巨人が勝ち、9月8日(土曜日)にはセリーグ連覇を決めたが、そのあとの日本シリーズでは西武ライオンズに屈辱の4連敗。しかし、12年後の2002年に雪辱を果たしている。

篠塚選手のホームランがキッカケとなり、急きょ、判別しやすくするため、ポールを白からオレンジに塗り替えたのである。



P1340296(次は渋木).JPG

さて、普通列車長門市行きワンマンカーは雨足が強くなり、於福発車時にはワイパーが常時作動。再び険しい道をゆき、停止信号でもないのに、あわや止まりそうになるほどだ。豪雨の影響か、一部の稲は自然の猛威に屈してしまった。

渋木で普通列車厚狭行きワンマンカーと行き違い、JR西日本の乗務員1人を含め、若干、乗り込んできた。

P1340301.JPG

 板持(Itamochi)を発車すると、雨は激しくなるが、進行方向左側の奥はうっすらと青空が見え、進行方向左側の山陰本線と合流し、8時43分、終点長門市3番のりばに到着。美祢線全線完乗を達成したが、この列車は折り返さず、山陰本線の普通列車益田行きワンマンカーとして、さらに進んでゆく。

P1340309.JPG

ほどなくして、隣りの1番のりばに山陰本線の普通列車長門市止まりのワンマンカーが到着し、乗り換え客が多く、お年寄り主体だが、旅人らしき若者は数人いるし、美祢線から引き続き乗車する利用客もいる。

P1340302.JPG

2・3番のりばには金子みすゞの詩が掲示されている。

これは長門市の隣り、山陰本線の支線、仙崎の駅舎内に『金子みすゞ記念館』があるからで、快速・普通列車〈みすゞ潮彩〉の運行開始にともない、下関もそうだが、詩を掲示して、偉大さと観光列車としての楽しみを増大させている。


普通列車長門市行きワンマンカー編成表
普通列車益田行きワンマンカー編成表
乗車区間号車車両番号禁煙備考
厚狭→長門市→益田なしキハ12018ロングシート

ほどよく席が埋まり、9時01分に発車。雨はまだ降り注いでいる。

★備考

①今回の動画はこちらにクリック!!



②フリー百科事典『Wikipedia「美祢線」』はこちらにクリック!!

③参考文献として、鉄道ジャーナル社刊行、『鉄道ジャーナル』1995年11月号、1997年5月号、2004年2月号を使用。




来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

2008年10月も2者択一サイト、『Unow?』で、「モハよう著者からの20の質問」が公開されており、質問28・33・39で私の画像と解説が掲載されております。ぜひ、アクセスしてみて下さい。

なお、質問を回答するには会員登録が必要となりますので、あらかじめ御了承下さい。

①『Unow?』は
こちらにクリック!!(回答するには会員登録が必要となりますので、御注意下さい)

②『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』はこちらにクリック!!

③『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問28は
こちらにクリック!!

④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問33はこちらにクリック!!

⑤④『Unow?「モハよう著者からの20の質問」』の質問39はこちらにクリック!!

※②~⑤は2008年10月31日(金曜日)まで公開予定です(翌日以降は削除されている可能性がありますので、あらかじめ御了承下さい)。


★さぁー、みんなで買ってみよう!!

私の雑誌デビュー作、『TRAIN MODELING MANUAL Vol.1』(ホビージャパン刊行)が1600円(本体1524円)にて好評発売中です。まだお求めでない方、ぜひ御購入下さい(完売の際は御容赦下さい)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.1 (ホビージャパンMOOK 249)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.1 (ホビージャパンMOOK 249)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2008/06/21
  • メディア: 大型本

『TRAIN MODELING MANUAL Vol.1』
(ホビージャパン刊行)
定価1600円(本体1524円)
雑誌コード…68143-49
ISBN…978-4-89425-714-6

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー

岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

あーちゃん&父

こヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*) ん(o^-^)ヾわ(*^〇^*)ノ”
美祢線に乗ったんですね(●^o^●)
キハ120…オールロングの車両があるのはひどいでしょ(^_^;)
ディーゼルカーでオールロングはちょっと…
まぁ、キハ35ならいいけどw
by あーちゃん&父 (2008-10-09 19:14) 

岸田法眼

あーちゃん&父さん、こんばんは。どうもありがとうございます。

キハ120系シリーズの場合、オールロングシートよりもセミクロスシートに問題がありますね。なぜならば、ボックスシートの数が少な過ぎるからです。あと、車体が短いですね。ダッシュはいいんですけど。

ロングシートの場合、食事がしづらい難点はありますが、JR西日本にしては珍しく、バケットシートを採用しているので、多少の評価はできるでしょう。あと、できることならば将来、キハ127系を中国地方に投入してもいいのではないかと思います。
by 岸田法眼 (2008-10-09 19:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。