SSブログ
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)、発売中!! くわしくは、こちらへ

東武鉄道大追跡 カバー.jpg

拙著『東武鉄道大追跡』(アルファベータブックス刊)、2021年2月9日(火曜日)発売!! くわしくは、こちらへ

●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。
     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

地下鉄 [らりるレビュー]

P1370927.JPG

「ココロも動かす地下鉄へ」  

2004年4月1日(木曜日)、営団地下鉄は民営化を機に「東京メトロ」へ名称を変更した時のキャッチフレーズであるが、パスネット(関東の私鉄21社で使える共通プリペイドカード)が使えるのに、今まで特殊法人会社だったのが不思議に思え、今でもピンとこない。 

地下鉄のことを英語では「サブウェイ」、フランス語では「メトロ」と言い、後者を選択したカタチとなったが、“「東京サブウェイ」にしなかったのは、サンドイッチ屋と間違える人が多いから”というような説もあるらしい(?!)。  

それはともかく、2004年3月下旬から井川遥と山田孝之を起用して、東京メトロのCM(たぶん、関東地方でしか流れていないと思う)を流し、大々的にアピールするなど、かなり意気込んでいる様子だ(2005年3月まで出演)。私は普段から利用しているので、大げさな印象を受けたが、見慣れた鋭いSから「ハートM」と称する新しいマークに違和感を持った。 

車内放送もずいぶん変わり、今まで起点と終点以外は到着前に「まもなくx、x。y線はお乗り換えです」と簡潔に流していたが、東京メトロになってからは次の通りだ。

「次はπです。乗り換えの御案内です。r線はお乗り換え下さい」 

駅を発車すると、このような放送を流し、到着前になると、次の通りだ。

「足元に御注意下さい。出口はz側です」  

と駅を発車したあとと、次の駅に到着する前という、ごく一般的な案内へ変わったが、到着前の駅名を省略しているのは気に入らない。日常利用客ならともかく、乗りなれていないお客にとっては、わかりづらいだろう。たまに車掌が駅名を告げているけど、こんな案内では「元に戻してくれ」と言いたい。  

駅は大手町や銀座などは新しい方式の案内板に変えて、乗り換えのホームや改札口までの距離を付加するなど、わかりやすくなった。銀座はともかく、大手町はホームの位置がバラバラで、一旦、自動改札を出ないと乗り換えられない路線もあり、迷路ゲームをしているような感覚だ。特に池袋はわかりにくい。  

目玉と言ってよさそうなのは、都営地下鉄と共に駅ナンバリングという、路線名に数字を組み合わせたものを導入。例えば、銀座線渋谷は「G-1」と競馬ファンにとっては、たまらない駅ナンバリングだろう。また、Gは巨人の頭文字なので、“銀座線ジャイアンツライン”という呼び名が普及するかもしれない。ちなみに駅ナンバリング導入の背景には、“外国人にもわかりやすいように”という配慮もあるという。  

駅ナンバリングは横浜市営地下鉄が始まりで(こちらでは「駅番号」と言う)、2004年秋からは名古屋の地下鉄等でも開始。2005年8月24日(水曜日)に開幕した、つくばエクスプレスも採用するなど、地下鉄を中心に広がっている。今までどういう効果(例えば、忘れ物の数が減ったとか、降り間違える駅が減ったとか)が発揮されているかはわからないが、今後はこれが事件解決の決め手(私みたいに小説を作れる人はヒントになるだろう)になることもありうる。 

日本の地下鉄は昭和2年(1927年)12月30日(金曜日)に上野-浅草間が開幕したのが始まりで、これが今の銀座線になるワケだが、初期の地下鉄のせいか、地下部分は浅く、利用しやすい。古風あふれる駅も多く、不潔や暗い感じもしないので、その光景が好きだ。  

これに対し、都営大江戸線は既存路線の下を掘らなければならなかったため、ホームから地上に出るまで時間がかかる駅が多く、特に六本木は日比谷線の乗り換え時間がかなりかかるという。駅自体は近代的で、明るいのだが、今まで何度乗っても、空席が多く、建設する必要性があったのかどうか疑問に思う。また、都営三田線は一部区間を南北線と共用しているが、駅施設が南北線(東京メトロ)仕様のため、違和感がある。  

東京の地下鉄は東京メトロと都営地下鉄の2つあり、乗り換えると少し割り引きになるが、トータルの運賃がベラボーに高く、普段は前者を利用している。ということは、都営地下鉄の駅があっても、東京メトロの乗り換え駅であれば、使う必要はないということなのだ。また、運賃は東京メトロが日本の地下鉄としては驚くほど安い。  

もうそろそろ、都営側も経営を都営バスに専念させて、都営地下鉄の路線を東京メトロに譲渡したらどうだろうか。これにより、運賃も安くなり、利便性が増し、利用客も増加するだろう。  

P1360863.JPG

私はよく旅をするので、その地の地下鉄に乗ることもあるが、大阪の御堂筋線は梅田や淀屋橋などは地下なのに天井はドーム状で空間が広く、デザインの雄大さに圧倒される。ちなみに関東地方だと、横浜の“港署”管内を走る、みなとみらい線元町・中華街駅に相当する。また、関東地方と違って、大半の電車は各車両に車椅子スペースを設けるなど、交通弱者に対する思いやりがいい。  

関東地方の場合は1編成に1~2か所しかなく、時々、車椅子利用客を乗せる駅員の姿を見るが、すべて車椅子スペースのない車両に乗せており、役に立っていない。人であふれる大都市であるゆえ、車椅子スペースは混雑緩和にひと役買っている印象を受ける。  

札幌の地下鉄にも乗ったが、駅構内に喫煙所があったことに怒り心頭だったことを思い出す。火事になれば、ほとんど逃げ場がないだけに無神経さにあきれた。その数年前に地下鉄サリン事件、その数年後に韓国で地下鉄の火災事件が発生し、いずれも大惨事となったが、トンネルや地下で惨劇が起こると、無傷で助かることは奇跡に近い。  

公共の交通機関で、ヒコーキの次に落命する危険性が高い乗りものは地下鉄なのかもしれない。火災設備は万全だとしても、駅以外で大規模な火災が発生した場合、消火器だけで役不足なのは明らかなのだから。  

名古屋の地下鉄では駅での撮影は禁止になっているという。  

これは運行上の安全確保や利用客のプライバシー(「肖像権」とでも言いたいのだろう)などが理由で、職員立ち会い以外は撮影できないとのこと。しかし、駅構内や車内放送で「撮影禁止」という言葉を聞いたことがなく、トラブルの発生が懸念される。  

どこの地下鉄でもそうだが、駅が暗いため、ストロボ撮影をする人が多いようだ。運転中にそういうことをやると、業務に支障が出るというのは聞いたことがある。しかし、安全に万全を期して撮影をする人もいるのだし、子供が夢中で追いかける電車が撮れないとなると、“ファンサービス”を無視する規約ではないだろうか。ファンサービスというのはどこの世界や業界においても大切なことではないか。  

余談だが、私はメールを打つ時、東京メトロを“東メト”と略している。これは東スポ(東京スポーツ)や東急(東京急行電鉄)を参考にしたからだが、しばらくたったら、「東メト」と人々は略すことが当たり前になってくる日が来るだろう。

★備考  

①今回の記事は2004年6月に執筆したものです。

②札幌市営地下鉄の駅は現在、禁煙になったかどうかは知りません。情報がございましたら、お寄せいただければ、さいわいです。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

①岸田法眼のRailway Blog.「INDEX 2009年2月-2009年2月はすべて、観客動員数1日2000人以上!!」はこちらへクリック!!

②岸田法眼のRailway Blog.「Railway Talk 2009年2月」はこちらへクリック!!


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

is453982-tyhoon

こんばんは。
写真メインな自分からすると、確かに、地下鉄でフラッシュを焚いちゃう人は多いみたいです。自分も、感度を上げても時たま難儀してますが…。
でも、公共の足ですから、万人に優しくあって欲しいですよね。

(調べてみたら、札幌市営地下鉄は、現在全ての駅で全面禁煙みたいです。たぶん、健康増進法の影響かな?)


by is453982-tyhoon (2009-03-22 22:27) 

岸田法眼

is453982-tyhoonさん、どうもありがとうございます。多忙につき、返信が遅れて申し訳ございません。

札幌の地下鉄は全面禁煙ですか。当然といえば当然ですが、首都圏のJR線の駅ももうすぐ全面禁煙になりますので、時代の流れですね。

デジカメはフラッシュを止める機能がございますので、“ありのままの姿”を撮ることを心掛けておりますが、フイルムが染みついている人はフラッシュに頼っているようですね。フラッシュがあればいい場合もありますが、デジカメ全盛の今は使う機会は大幅に減っていると認識しています。
by 岸田法眼 (2009-03-24 07:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。