SSブログ
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)、発売中!! くわしくは、こちらへ

東武鉄道大追跡 カバー.jpg

拙著『東武鉄道大追跡』(アルファベータブックス刊)、2021年2月9日(火曜日)発売!! くわしくは、こちらへ

●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。
     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

『ごくせん』ブーム [かきくけコラム]

P1390193a.JPG

今日のテーマは「『ごくせん』ブーム」です。 

ドラマの視聴率が冬の時代と言われるこの世の中で、『ごくせん』だけは絶好調!! 日テレのドラマで、初回の視聴率が26パーセントを越えたのは昭和63年(1988年)の『もっとあぶない刑事』以来です。 

高視聴率の背景には土曜21時という“見やすい時間帯”に放送されているということがあるからでしょう。ちなみに『ごくせん』とは“極楽とんぼのリーダー、せんだみつお”の略です。

『ごくせん』の主役、山口久美子は“ヤンクミ”と呼ばれていますが、これはホンモノのヤンキーで、実家が大江戸一家という“「任侠(Ninkyo)」という名の極道”だからです。暴力団ってワケで、ケンカはめっぽう強く、相手が鉄パイプで挑んでも、ヤンクミは素手で蹴散らすので、“女格さん”という異名を持っているほどです。将来は『水戸黄門』で2代目うっかり八兵衛をやることになるでしょう。 

ヤンクミが受け持つ生徒の大半は金八先生の教え子というウワサがありますが、熱弁指導を受けたにもかかわらず、恩を仇で返す横暴ぶりにヤンクミがどう更生させるかが見せ場といえるでしょう。ヤンクミは生徒に数学を教える以外にも、大江戸一家の4代目組長を自分の目で見つけて、スカウトする役目もあります。  

さて、ヤンクミを演じるのは青木さやか。ある日、生徒の野比のび太が数学のテストで0点をGETしたことに「どこ見てんのよ!!」とブチ切れます。もし、高島礼子なら「あんた、えーかげんにしーやー」、美川憲一なら「もっとハジッコ歩きなさいよ!!」と言っていたでしょう。  

我々から見たら、野比のび太がテストで0点をとるのは当たり前の光景ですが、高校でそんなことをしたら、卒業できません。ちなみに高校受験は隣りに坐っていた出来杉君の答案をカンニングしていたそうです。  

帰宅後、野比のび太は「ざんねーん」と言って、0点の責任をとり、切腹しようとしますが、たまたまそこに居合わせたドラえもんに止められ、やむなく、4次元ポケットからクーピーペンシル、いやいや、コンピューターペンシルを取り、贈呈しました。 

これが功を奏し、次のテストでは満点を取り、これで勢いに乗った野比のび太はこのコンピューターペンシルのおかげで、“満点斬り”と呼ばれ、有名な大学に進学することができました。  

大学を卒業した野比のび太は警官になり、やがて、デカへ。子供の頃からつちかわれた射撃の名手は次々と凶悪犯を射殺し、世間からは“野蛮なデカ”とジャイアンからもおそれられる存在になりました。しかし、殴り合いのケンカは相変わらず、ジャイアンとスネオに負けてばかりでした。  

以上、コラムでした。

★備考

①『ごくせん THE MOVIE』ホームページはこちらにクリック!!

②ヤンクミ役は当たり前のことですが、仲間由紀恵が演じています。

③今回の記事は2005年2月に執筆したものです。


ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

★お知らせ

vol4B.JPG

2009年5月16日(土曜日)、ホビージャパン刊行の『TRAIN MODELING MANUAL Vol.4』が発売され、私も執筆スタッフとして、参加しております。ぜひ、御購入ください(完売の際は御容赦ください)。

くわしくはこちらにクリック!!(御意見、御感想もこちらにお願いします)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4 (ホビージャパンMOOK 293)

TRAIN MODELING MANUAL Vol.4(ホビージャパンMOOK 293)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2009/05/16
  • メディア: 大型本
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 4

サットン

最近では20%を超えるとバケモノと呼ばれるようですね。テレビというメディアが限界に来ているように感じます。先日の朝ドラにしてもそうですが次々に最低視聴率を更新しています。そんな中低予算で地味なテレ東の旅番組を見ることが多くなりました。気を抜いて見ることができますから。
不況ということでスポンサーの質が下がっているのも気になります。サラ金、サラ銀(サラ金紛いの銀行)、パチンコ、こんな連中に支えられているテレビが良い方向に向かうとは思えませんね。
by サットン (2009-06-20 08:16) 

岸田法眼

サットンさん、どうもありがとうございます。

テレビ東京は制作費がかからないようですね。旅番組という地道な路線もありますが、プロ野球中継はオーソドックスで、逆に新鮮です。20年前はどこの局もみんな、こういう感じでしたから。今やCGを使っておりますが、特にTBSなんかは使い過ぎの面があり、気に入らないですね。

近年はパチンコや銀行ではない金融機関のCMがありますが、昔から親や教師に「サラ金はダメだよ」と言われているので、子供の頃からの言いつけは、どんなことがあっても、守り、銀行から借りるようにします。

さて、今回の記事は初めて、漫談を取り上げました。皆様の反応が気になるところです。
by 岸田法眼 (2009-06-20 11:31) 

ねじまきけんいち

朝から腹抱えて笑わせてもらえました。
漫談、もっと読みたいです。

by ねじまきけんいち (2009-07-04 07:37) 

岸田法眼

ねじまきけんいちさん、どうもありがとうございます。

新規更新が難しい状況等に在庫記事を載せておりますので、どのくらいのペースで漫談が掲載できるかどうかはわかりませんが、首を長くしてお待ちいただければ、さいわいです。

またのお越しをお待ちしております。
by 岸田法眼 (2009-07-04 12:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。