SSブログ
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)、発売中!! くわしくは、こちらへ

東武鉄道大追跡 カバー.jpg

拙著『東武鉄道大追跡』(アルファベータブックス刊)、2021年2月9日(火曜日)発売!! くわしくは、こちらへ

●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。
     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

観客動員数169萬人突破記念スペシャル!! さぁー、みんなで『週刊鉄道データファイル287号』を買いに行こう!! [公式執筆記録-私の作品-]

P1390673a.JPG


毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

あとちょっとで観客動員数は170萬人を突破する見込みですが、いつも御覧いただき、ありがとうございます。

見本誌の到着が発売後になるため、御連絡が遅れてしまい申し訳ございませんが、2009年9月8日(火曜日)、『週刊鉄道データファイル287号(2009年9月22日号)』が発売されました。

早いうちに本屋さんへ直行してくださいね。また、大きな本屋以外では販売していないかもしれません。本屋さんで予約すると、送料がかからないことが多いので、おトクです。  

気になるお値段は消費税込み560円(本体533円)。毎週火曜日に発売しておりますが、毎回、私が登板するとは限りません。  

私の執筆記事は次の通りです。

◆11・12ページ
国鉄・JRの車両:485系ジョイフルトレイン(SHEET:12)





 

P1350448.JPG

「485系特急型電車」は、すでに「SHEET:11」まで進んでおり、「SHEET:12」は私が執筆しております。今回は485系ジョイフルトレインを取り上げております。但し、『きらきらうえつ』は週末を中心に臨時快速〈きらきらうえつ〉が運行されているため、編集部の方針により、除外しております。あらかじめ御了承ください。今回の執筆記事は、団体列車を中心に運行されているものに限るということです。

◆未公開原稿集  

原稿というのは、文字数が限られているため、うまくまとめなければなりません。「文字」と常に格闘しているわけです。実は以前の記事でもありましたが、掲載するのをすっかり忘れておりました。そこで、入稿することのなかった「幻の本文」「幻のキャプション」を御紹介することにしましょう。執筆記事を御覧の際、どこへ入れたかったのかを探っていただければ、さいわいです。

★本文

P1360088.JPG

・これは余剰気味であった客車の有効活用策というのが大きく、機関車が牽引すれば、1つの列車で電化、非電化の両方対応できるメリットがあった。

・ATS-P、直通予備ブレーキ、耐雪ブレーキを標準装備。また、

・JR東日本発足時、所有する電車のジョイフルトレインは、165系改造の「なのはな」「パノラマエクスプレスアルプス」で、直流電化区間しか対応できない難点があった。

・そこで、

・その後は在来線特急のスピードアップ、機関車や客車の老朽化により、大半のジョイフルトレインは、新型特急電車の投入で余剰になった485系が活用され、スピードアップに貢献している。

・485系ジョイフルトレインの第1弾は

・サロ189-4+サロ189-3+サロ189-2が改造され、1号車から順にクロ484-1+モロ484-1+クモロ485-1に改めた。ちなみに かつて、上沼垂運転区では「サロンエクスプレス アルカディア」が配属されていたが、昭和63(1988)3月30日に上越線内の火災事故で、先頭車1両を失い、ほかの2両は盛岡支社へ移り、「Kenji」に再改造されている。

・前頭部は天井の採光窓以外、165系改造の「パノラマエクスプレスアルプス」とほぼ同じデザインとなり、

・「シルフィード」の

・しかし、58系気動車のカーペット車が老朽化したため、「シルフィード」が再改造を受けることになり、

・第2弾となる

・サロ183-1008+サロ189-8+サロ189-7+サロ481-1002+サロ189-6+サロ189-5

・、1号車から順にクロ484-2+モロ484-3+モロ485-1+サロ485-1+モロ484-2+クモロ485-2へ改め

・第3弾となる

・クハ481-22+モハ484-37+モハ485-37+モハ484-56+モハ485-56+クハ481-25が 、1号車から順にクロ484-3(いこい)+モロ484-5(ろばた)+モロ485-3(はなやぎ)+モロ484-4(にぎわい)+モロ485-2(ほほえみ)+クロ485-1(へいあん)へ改めた。各号車に愛称をつけ、

・第4弾となる小山車両センターに所属の「華」は登場。

・クハ481-28+モハ484-251+モハ485-149+モハ484-87+モハ485-87+クハ481-21が改造され、1号車から順にクロ484-4+モロ484-7+モロ485-5+モロ484-6+モロ485-4+クロ485-2へ改めた。

・第5弾となる

・保留車、サロ481-1506+モハ484-1076+クモハ185-1009+モハ484-1017+クモハ485-1001+サロ481-1007が改造され、1号車から順にクロ484-5+モロ484-9+モロ485-7+モロ484-8+モロ485-6+クロ485-3へ改めた。

★キャプション


・485系初のジョイフルトレインとなった

・カーペット敷きのほか、

・165系の「パノラマエクスプレスアルプス」に似た前頭部が特徴。

・同時期に「サロンエクスプレス東京」は「ゆとり」に再改造されており、和式車両全盛の時代を到来させるきっかけになった。

P1350534.JPG

なお、『週刊鉄道データファイル』の規定により、Railway Blogとは表記が異なる部分がございますので、御了承願います。

ここでお知らせです。

2009年9月は“シルバーウィーク”が存在するため、来週(2009年9月第3週)は9月15日(火曜日)と9月18日(金曜日)の週2回発売になります。再来週(2009年9月第4週)の発売はございませんので、御注意願います。これは、9月22日(火曜日・国民の休日)は祝日になっているからです。くわしくは備考②を御覧ください。

雑誌は多くのスタッフの皆様の総力を結集して作られております。御購入いただきますよう、お願い申し上げます。

さぁー、みんなで買いに行こう!!  

完売の際は御容赦ください。また、「nice!」を押される方、コメントやトラックバックをされる方は、お買い求めいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

★今回、御紹介した商品のおさらい

P1390673a.JPG


『週刊鉄道データファイル287号(2009年9月22日号)』
(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
定価560円(本体533円)
雑誌コード22454-9/22

★備考

①デアゴスティーニ・ジャパンホームページは、こちらにクリック!!

②『週刊鉄道データファイル』ホームページは、
こちらにクリック!!

③書泉ホームページは、
こちらにクリック!!

④今回の動画は、
こちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。