So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

観客動員数204萬人突破!! [波瀾万丈伝]

記事数:947|nice!:4,291|総閲覧数:今日:3,284/累計:2,040,643|読者数:36
アクセスランキング:110位
ブログテーマ:旅行(5位/945ブログ中)

DSC_0196a.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年12月27日(日曜日)に観客動員数204萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

◆ここまでの「2009年の汽車旅3」シリーズ

・2009年の汽車旅3-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-01

・2009年の汽車旅3-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-05

・2009年の汽車旅3-3(四国の鉄道完全制覇に王手!!)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-24

・2009年の汽車旅3-4(221系新快速リターンズ2009夏場所)
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-27

◆2009年12月9日(水曜日)及び、12月17日(木曜日)から12月25日(金曜日)までのmixi日記

■2009年12月9日(水曜日)
ノムさんがドラフトで指名した赤星選手が引退

●阪神の赤星憲広外野手が引退を報告「不随、最悪命の危険もありうる」。
(mixiニュースより)

阪神タイガース赤星憲広選手、突然の引退は残念。医師にストップをかけられると、素直に従わざるを得ないのは、人間のつらいところである。

赤星選手と同い年の玉ノ井親方(元大関2代目栃東)も医師の言葉に従い、引退を決断したが、気力はあるのに体が動かないというのは、スポーツ選手でなくても、つらいと思う。でも、ファン、関係者、親族らは、プレーよりも“元気に生きている”というのが1番嬉しいわけだから。

赤星選手は野村克也氏が阪神監督時代に指名され、「F1セブン」として期待されていた。野村監督在任中は、すべて最下位だったが、あとを継いだ星野仙一氏によって、花を咲かせた選手は多い。現在の阪神があるのは、野村監督が種をまき、星野監督が花を咲かせ、岡田彰布監督は花を成熟させた。真弓明信監督はどうなるのだろう?

阪神にとっては大きな痛手で、来シーズンも厳しい戦いがしいられるかもしれない。

赤星選手、お疲れ様でした。

■2009年12月17日(木曜日)
Railway Blogの観客動員数、200萬人を突破!!

ミリオンスロット200萬A.jpg

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2009年12月16日(水曜日)に観客動員数200萬人を突破しました。

2009年1月1日(木曜日・元旦)は、93萬8546人からのスタートで、したが、1月26日(月曜日)に100萬人を突破。それから、わずか11か月で200萬人を突破しました。今年はRailway Blog史上初めて、年間の観客動員数は100萬人を超えました。  

まさか、こんなに入るとは思ってもみませんでしたが、頑張るのは仕事だけにしたいと思います。

今月から日本出版労働組合連合会の組合員になりました。長引く出版不況に加え、ライター、カメラマン、校正、イラストレーター、編集者以外で、出版業界に進出している人が増えており、「仕事が減った」という話を聞きました。フリーランスの人々が、仕事が大幅に増えるよう、社会的な立場の向上を訴えています。ちなみに平均年齢は48歳ということで、33歳の私は下から数えたほうが早いようです。  

組合員の皆様とは、うまくやっていきたいですね。そうでない人は、お世話様になっている方を除き、目の敵にするでしょうね。そうでないと、やっていけませんから。この業界はトップや一流ではダメです。チャンピョンや超一流にならなければ、「第1人者」とはいえません。だから、私は誰にも負けたくない。「第1人者」と呼ばれるよう、常に邁進するのみです。  

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年12月18日(金曜日)
勝利の天使

●松井秀 背番号55で新しい出発
(mixiニュースより)  

ニューヨークヤンキースの松井秀喜選手は、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムへ移籍することになった。ヤンキースファンはブライアン・キャッシュマンというゼネラルマネージャーにお怒りのようだが、日本人にとっては、ヤンキースファンよりも松井選手のファンが多いだろう。チームが変わっただけで、衝撃度は巨人からヤンキースに移籍したときや、プレー中に骨折という大ケガを負ったことに比べて、そんなに高くないのではないかと思う。  

松井選手は、エンゼルスのユニホームに袖を通したが、その映像を見たとき、“まるで広島東洋カープみたいだ”というのが第一印象。でも、違和感はなく、似合っている。エンゼルス側は背番号55を用意したこともあるのだろう。  

気になるのはヤンキース時代に比べて、年俸が下がっていることや1年契約になっていること。年俸については、巨人時代から金額にこだわりはなく、いつも一発サインをしていたので、気にすることはないだろう。1年契約については、来年、“「36歳」という名の年男”であることや、エンゼルス側もヒザに不安を持っているものと思われる。  

2010年、松井選手は外野の守備と豪快なホームランで、ファンを魅了し、ワールドチャンピョンを夢見るだろう。楽しみだねぇー。  

※本日のRailway Blogは、
こちらです

■2009年12月19日(土曜日)
2009MIC望年交流パーティー

P1400399a.JPG

2009年12月18日(金曜日)18時15分頃、都営三田線春日へ。車内ではポータブルDVDデッキを持ち込んで、舘ながらじゃなくて、立ちながら見る女がいた。そこまでしてDVDを観たいのかよ。

文京区民会館に到着し、3階はものすごい人混みだが、場所が春日だからと言って、「トゥース!!」とあいさつすることはなく、シンプルに済ませる(普通、シンプルにやるものだが)。

ステージではアイサツが行なわれ、先日お知り合いになった方々に声をかけられる。みなさんは慣れているので、1ドリンクサービスの特典、抽選会引換券を入れる場所、荷物置場を案内される。

P1400403a.JPG

1ドリンクサービスでお茶をいただき、そのあとはミミガー(100円)を注文。琉球料理であることを知っていたので、食べる。

ステージのあいさつが終わり、いよいよバイキング形式の食事。普段、手が届かない品々であるせいか、漠然と味わう。

その後、なんとか談笑することができ、名刺交換を行なうが、なかには名刺を出してご挨拶しているのに、出さないという、礼儀のない人もいた。「切らした」といえばいいのにね(私は体育会系のせいか、礼儀にうるさいほうだ)。

P1400401a.JPG

このパーティーは、裁判で争っている方々が集まっている。詳細なことはわからないが、勝つことだけを考えている。ただ、過剰だと思うのは、はがきを渡して、署名活動のようなことをする団体さんがいることだ。裁判長に公平な判決を求めるというものだが、おそらく、裁判員制度に不安を持っているのかもしれない。裁判の詳細を聞かないことには、安易に書くわけには署名するわけにはいかない。下手すると、裁判所と警察が難クセつけて逮捕される恐れがあるからだ。

裁判といっても、途中で和解をするところもある。それは日本出版労働組合連合会が勝利したということである。

そのあと、オークション、抽選会、法廷で戦う人々がステージに上がり、決起集会で締めくくった。20時25分に終了後、多くの組合員はあと片づけをしていた。

2009MIC望年交流パーティーは2次会もあるというが、1次会で帰る主義なので、退散。少しは人脈を広げることができたのではないかと思う。

※本日のRailway Blogは、こちら
です

■2009年12月19日(土曜日)
死刑の快感を味わいたい奴は、エンマ様の元へ行っても、その性根は治らない

●金川被告、控訴取り下げへ…土浦連続殺傷
(読売新聞 - 12月19日 03:11)  


常磐線荒川沖駅で、9人を殺傷する事件を起こした金川真大被告(Masahiro Kanagawa.26歳)は、望みどおりの死刑判決に喜んでいるという。被告弁護団は控訴したものの、本人は取り下げの意向を示している。こんな奴の弁護を引き受けた弁護士はかわいそうだね。かばう必要のない男をかばわなければいけないのだから。  

そこまで死刑になりたい理由はよくわからない。以前、大阪府池田市の小学校で殺傷事件を起こした死刑囚は判決後、早々と処刑を受けている記憶がある。そいつも死刑願望が強かったからね。

私は以前、“「思いつき」という名のアドリブ”で、「水族館にいる人食い鮫の水槽に、死刑囚を放り投げて、公開処刑すりゃいいのにね」と周囲に話すと、相手の男性(40代)は本気で受け止めてしまったらしく、震えていた。ある水族館にジンメイザメが泳いでいるのは知っているが、人食い鮫はいないだろう。  

公開処刑することによって、“犯罪をやってはいけないんだよ”ということを教える意味はあるだろう。凶悪犯が多いこの御時世、それをなくすカンフル剤として、“公開処刑は必要なのではないか”と考えることがある。しかし、江戸時代と違って、誰も見たくないだろうし、処刑の現場にいても、その瞬間にまぶたを閉じると思う。それは私も同じで、処刑の現場を見たら、たぶん、一生忘れることができないだろう。トラウマになってしまうかもしれない。  

今回の死刑判決で1番悔やんでいるのは、親御さんだろう。特に母親は命を懸けて、我が子を産んだわけだから。  

死刑判決でいつも思うのだが、殺された御遺族の方が死刑囚をブッ殺したい心境ではないかと思う。もし、そういう願望があるのならば、かなえさせるべきではないだろうか。ちなみに私と太田総理は共通点があり、“愛する人や家族が殺されたら、俺は敵討ちをするんだ”という考えを持っている。

余談だが、秋葉原の通り魔事件も死刑判決が予想される。

■2009年12月21日(月曜日)
地下鉄テロの予兆?

●ホームでボヤ、千代田線が一時運転見合わせ
(読売新聞 - 12月21日 09:06)

DSC_0102a.JPG

2009年12月21日(月曜日)8時50分頃、千代田線西日暮里のホーム下で、ボヤが発生。朝ラッシュ時の出来事だったが、さいわい、ケガ人はいなかった。

ホームに監視カメラはあるはずなので、誰がダンボールをホーム下に捨てたかを特定しなければならないが、至るところにあるわけではないから難しいかもしれない。

千代田線西日暮里は2層構造で、代々木上原方面は上層、綾瀬方面は下層にある。この時間、綾瀬方面はラッシュとは逆方向のため、坐れる確率は高い(ただし、小田急線と相互直通運転をしているため、代々木上原-大手町間は混雑しているという)。もし、特殊な構造でなければ、現場は騒然としていたことだろう(代々木上原方面のホームは、騒然としているだろうけど)。

この事件で気になるのは、誰かが地下鉄でテロを起こそうと考えている奴がいるのではないかということ。考え過ぎかもしれないが、地下鉄やトンネルというのは、大惨事になる可能性が高いだけに、ゾッとする。

■2009年12月24日(木曜日)
フリーゲージトレインは、いつ新しい時代の扉を開けるか?

●フリーゲージトレイン、時速270キロ到達
(mixiニュースより)

日本の鉄道の多くは狭軌が多く、大手私鉄や地下鉄の一部と新幹線は標準軌が採用されている。「ミニ新幹線」と称されていた山形・秋田新幹線は、在来線走行区間を狭軌から標準軌に変えたが、長期運休により、代行輸送が生じるデメリットがあった。

フリーゲージトレインは、このデメリットを解消する乗りものであるが、実用化が近づいているようだ。 九州新幹線内でフリーゲージトレインの試運転をしたところ、270㎞/hに到達したという。フリーゲージトレインは、特殊な台車を履いているため、「250㎞/hが限度」といわれていただけに、快挙といっていいだろう。

フリーゲージトレインが実用化すれば、新在直通運転のほか、狭軌のJR線と標準軌の大手私鉄による相互直通運転などが実現し、乗り換えなしの利便性が高まるだろう。

■2009年12月25日(金曜日)
いっつみぃ信者  

みなさんはクリスマスを思う存分、満喫していると思うが、私は、2度と迎えることはない。  

平成5年(1993年)12月25日(土曜日)12時47分、人気司会者の逸見政孝さんはどこかへ行ってしまった。あれから16年がたつものの、今も当時のことを鮮明に覚えている。くやしい思い、悲しい思い、信じられない思い、いろんな思いが頭の中を駆け巡った。  

当時、私は17歳。高校2年生である。当然のことながら実家に住んでいたわけだが、私が“いっつみぃ信者”であることを知っているので、ずいぶん気をつかわれた。今でも、あの日を思い出すと、目がうるんでしまう。1年後に放送された追悼特番では、テレビを見て初めて涙がこぼれ落ちてしまった。  

平成6年(1994年)1月下旬、本屋で逸見さんが前年に書き下ろした『新版魔法のまじめがね ブラウン管は思いやり発信局』が増刷で陳列されており、迷わず買った。それ以来、20代中盤まで、この本を何度も読み返した。買った当初は、考えていることが私と同じであることに衝撃を受けたが、20代に入ると、高校時代よりもつらい日々を過ごしていた。自殺も考えたことがある。そんな私を救ったのは、逸見さんの『新版魔法のまじめがね ブラウン管は思いやり発信局』だ。これで己を奮い立たせた。  

逸見さんは『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』で初めて見たが、フジテレビでアナウンサーをしていたとは知らなかった。それ以来、逸見さんの世界にどっぷりつかり、気がついたら、“いっつみぃ信者”になっていた。親からは「お前は逸見の番組しか見ない」と言われたことがある。 逸見さんというのは、私にとって目標であり、あこがれである(ほかにもそういう方はいるけども)。でも、私の性格は、逸見さんのようにはいかないかもしれない。周囲を和ませる力量はないし、誰かに慕われているわけではない。  

逸見さんと親交のあった、ジャイアント馬場さんは平成11年(1999年)1月、今年8月には山城新伍さんが天に召され、強い打撃を受けた“あの日が風化されてしまうのではないか?”という不安がある。今年は新型インフルエンザの猛威で、世界中が警戒しているが、ガンやエイズも同じこと。すべての病気が撲滅することを願っている。


★備考

岸田法眼のRailway Blog.「自殺」

岸田法眼のRailway Blog.「12月25日」 

岸田法眼のRailway Blog.「地方出身者」 

岸田法眼のRailway Blog.「逸見政孝さん生誕の地、大阪市交通局御堂筋線西田辺駅」

※本日のRailway Blogは、こちらです

◆2009年12月16日(水曜日)から、2009年12月25日(金曜日)までのTwitter

http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-16
(1:24 AM Dec 16th webで)

・春に開店したばかりのコンビニが、11月30日(月曜日)で閉店となってしまいました。「長い間…」と貼り紙で書かれていましたが、長くないよ。短いじゃん。「駅前」という立地条件がよかっただけに残念。やっぱり駅前よりも“会社や学校の近く”がいいのかな。
(12:41 PM Dec 16th webで)

・スーパーマーケットで、野菜サラダは100円、野菜ジュースは87円だった。どちらを選んだかはおわかりでしょう。
(7:24 PM Dec 16th webで)

http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-17
(1:39 AM Dec 17th webで)

・so-net blogにフィード機能がないのは不便だ。
(9:13 PM Dec 17th webで)

・今日は名刺を多めに用意します。 (12:34 AM Dec 18th webで)

http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-18
(12:34 AM Dec 18th webで)

・江坂の街並みを見ると、大阪市とカン違いしそう(江坂は吹田市にあります)。
(12:38 AM Dec 18th webで)

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=435560&media_id=44
(5:30 PM Dec 18th webで)

http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-19
(12:13 AM Dec 19th webで)

http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-20
(1:46 AM Dec 20th webで)

・採血しただけで880円の出費。
(6:44 PM Dec 20th webで)

・昨日のRailway Blogは、so-net blogランキング89位に輝いた。おそらく、過去最高なのでは。
(1:10 AM Dec 22nd webで)

http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-22
(1:11 AM Dec 22nd webで)

・クリームチキン味ヌードルを食べた。味はまぁーまぁーかな。
(8:18 PM Dec 22nd webで)

http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-23
(7:28 PM Dec 23rd webで)

http://www.president.co.jp/book/item/50plus/011002/
(7:40 PM Dec 23rd webで)

http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-24
(2:39 AM Dec 24th webで)

・フーミンの写真集は、いつ発売になったのぉー? ビックリだ!!
(12:44 PM Dec 24th webで)

・これから年賀状を作成します。いつもギリギリなんですよぉー。メールアドレスを知っていたら、添付ファイルで送りたいけども……
(9:18 PM Dec 24th webで)

http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2009-12-25
(1:35 AM Dec 25th webで)

・私の12月25日はクリスマスではなく、逸見さんをしのぶ日です。
(1:37 AM Dec 25th webで)


◆観客動員数200萬人から204萬人までのあしあと

・2009年12月17日(木曜日)…200萬1000人突破

・2009年12月17日(木曜日)…200萬2000人突破

・2009年12月17日(木曜日)…200萬3000人突破

・2009年12月18日(金曜日)…200萬4000人突破

・2009年12月18日(金曜日)…200萬5000人突破

・2009年12月18日(金曜日)…200萬6000人突破

・2009年12月18日(金曜日)…200萬7000人突破

・2009年12月19日(土曜日)…200萬8000人突破

・2009年12月19日(土曜日)…200萬9000人突破

・2009年12月19日(土曜日)…201萬人突破!!
 
1811652

・2009年12月20日(日曜日)…201萬1000人突破

・2009年12月20日(日曜日)…201萬2000人突破

・2009年12月20日(日曜日)…201萬3000人突破

・2009年12月21日(月曜日)…201萬4000人突破

・2009年12月21日(月曜日)…201萬5000人突破

・2009年12月21日(月曜日)…201萬6000人突破

・2009年12月22日(火曜日)…201萬7000人突破

・2009年12月22日(火曜日)…201萬8000人突破

・2009年12月22日(火曜日)…201萬9000人突破

・2009年12月22日(火曜日)…202萬人突破!!

P1400390a.JPG

・2009年12月22日(火曜日)…202萬1000人突破

・2009年12月23日(水曜日・天皇誕生日)…202萬2000人突破

・2009年12月23日(水曜日・天皇誕生日)…202萬3000人突破

・2009年12月23日(水曜日・天皇誕生日)…202萬4000人突破

・2009年12月23日(水曜日・天皇誕生日)…202萬5000人突破

・2009年12月24日(木曜日)…202萬6000人突破

・2009年12月24日(木曜日)…202萬7000人突破

・2009年12月24日(木曜日)…202萬8000人突破

・2009年12月24日(木曜日)…202萬9000人突破

・2009年12月24日(木曜日)…203萬人突破!!

DSC_0055a.JPG

・2009年12月25日(金曜日)…203萬1000人突破

・2009年12月25日(金曜日)…203萬2000人突破

・2009年12月25日(金曜日)…203萬3000人突破

・2009年12月25日(金曜日)…203萬4000人突破

・2009年12月26日(土曜日)…203萬5000人突破

・2009年12月26日(土曜日)…203萬6000人突破

・2009年12月26日(土曜日)…203萬7000人突破

・2009年12月27日(日曜日)…203萬8000人突破

・2009年12月27日(日曜日)…203萬9000人突破

・2009年12月27日(日曜日)…204萬人突破!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ



来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらにクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。