So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

現職コーチ、突然の別れ [波瀾万丈伝]

2010年1月17日(日曜日)、大相撲中継が終わり、インターネットを開いたら、小林繁北海道日本ハムファイターズ投手コーチが心不全で、57歳という若さで急逝したという記事が目に飛び込んだ。本当に信じられない。  

小林氏は日本の歴史に刻まれた「空白の1日事件」で、渦中の人物とされてしまったことで知られている。私が「空白の1日事件」を知ったのは、昭和63年(1988年)に発売された江川卓著、新潮社刊行の『たかが江川、されど江川』だった。のちに当時、フジテレビのアナウンサーだった逸見政孝さんが「空白の1日事件」を取材していたことを知る。それは2007年に放送された『SPORTSうるぐす』(現・『SUPERうるぐす』)で、偶然見つけた。当時、逸見さんはスポーツ担当のアナウンサーだった。  

江川氏は巨人に入りたいことを公にできなかった。昭和48年(1973年)に阪急ブレーブス(現・オリックスバファローズ)、昭和52年(1977年)にクラウンライターライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)で、いずれもドラフト1位指名されているが、入団を拒否。法政大学卒業後はアメリカへ渡り、ドラフト会議直前に緊急帰国(当初はドラフト会議後の予定だったらしい)。クラウンライターライオンズの交渉期限が切れた翌日、巨人は江川投手と契約。翌日はドラフト会議だったため、巨人の“着眼点”が大きな波乱と混乱を招いた。  

当時の野球規則上、契約をすることに問題はなかったが、コミッショナーは、江川投手の契約を無効と決め、不服とした巨人はドラフト会議に参加しなかった(選手はすべてドラフト外で獲得)。これにより、野球規則も改正を余儀なくされた。  

江川投手は3度目のドラフト1位指名を受け、抽選の末、阪神タイガースが交渉権を獲得。そして、阪神タイガースに入団した上で、江川投手は金銭トレードで、巨人へ移籍するはずだった。しかし、昭和54年(1979年)のキャンプイン直前、江川投手と小林投手の交換トレードが成立。江川投手は世間から悪者とされてしまった(この騒動で、江川投手の1軍登録は、6月1日以降というペナルティーが言い渡される)。また、小林投手は“悲劇のエース”というふうに見られた。  

小林投手は「仕事で判断していただきたい」と言って、気丈にふるまい、この年は22勝9敗で最多勝と2度目の沢村賞を獲得。江川投手は6月デビューも9勝10敗と健闘していた。実は江川投手のひとケタ白星はルーキーだった昭和54年(1979年)だけで、翌年以降、現役を引退するまで8年連続2ケタ勝利をあげている。  

昭和55年(1980年)8月に小林投手との直接対決が実現。江川投手は小林投手からヒットを打ち、完投勝利をあげた。著書やCMの収録でも“絶対に勝たなければならない試合”と気合を入れていた。

昭和58年(1983年)、小林投手は31歳の若さで引退。その4年後、江川投手も32歳の若さで現役を退いた(ともに、現役最後の年は13勝をあげている)。2人はプロ野球解説者という道を歩むが、現在も日本テレビのエース解説者である江川氏は、TBSの誘いを断っている。それは当時、小林氏はTBSのプロ野球解説者だったからである。江川氏はプロ野球中継での同席を拒んだのである。  

平成6年(1994年)、小林氏は日本テレビに活動の場を移し、『どんまい!! SPORTS and WIDE』の月・金曜日担当に就任するものの、『激空間プロ野球』(プロ野球中継)の解説をすることはなく、江川氏と顔を合わせることもなかった。  

2007年、黄桜という酒造メーカーのCMで、2人は顔を合わせることになる。黄桜からのオファーに2人とも出演を決め、打ち合わせはなく、“心ゆくまで話していただく”という、ドキュメンタリーCMであった。

江川氏が小林氏の登場を待つところから、撮影が始まり、そして登場。小林氏はリラックスした表情の笑顔で、緊張で顔が引きつっている江川氏と握手をする。そこで1時間ほど、2人は会話をするわけで、江川氏は初めて謝罪をした。28年間、謝りたくてもできなかったことを口にしたのだ。小林氏は「風化しているよ」といって、すでに許しているかのようだった。2人とも、つらい日々を過ごしていたことに変わりなかった。  

このCMによって、「空白の1日事件」は完結したことだろう。のちに『SPORTSうるぐす』で、江川氏は“50代の今にやってよかった”ことを話している。もし、あの収録がなかったら、一生、責任を背負い続けていたままだったかもしれない。いや、あの収録で謝罪しても、変わらないのかもしれない。  

2009年、小林氏は北海道日本ハムファイターズの2軍投手コーチに就任。今シーズンは1軍に昇格して、腕を奮うはずだった。前日まで、特に変わりない様子で、元気だったという。それが2010年1月17日(日曜日)、福井市内の自宅で突然倒れ、病院に搬送されたものの、心不全でこの世を去った。まだ57歳の若さだった。どうして、急にあの世へ行かなければならないのだろう? 

今、我々が生きている「この世」というのは、本当に恐ろしい世界であることを改めて、思い知らされた思いだ。  

巨人軍関係者では、2010年1月15日(金曜日)に武宮敏明元寮長(88歳)が急性すい炎、1月17日(日曜日)に桑田真澄元投手の御尊父(67歳)が火災事故で亡くなっており、訃報が続いて残念である。  

天に召された方々の御冥福を心より、お祈りいたします。

★お知らせ

来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらへクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。

②メディア執筆記録2009は、こちらを御覧ください。
(2009年発売の商品カタログです)


③執筆実績一覧は、こちらを御覧ください

④執筆依頼、御質問やお問い合わせ等は、こちらへお願いいたします。また、御質問やお問い合わせ等をRailway Blogでコメントされても、承認しない場合がありますので、あらかじめ、御承知おきください。

⑤コメントのURL欄は、正確に入力していただきますよう、お願いいたします(公序良俗に反するものや、でたらめなものは承認いたしません)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。