So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

甘木鉄道乗車記録表 [Railway Road]

甘木鉄道乗車記録表
路線名営業区間乗車区間
甘木線基山-甘木全線完乗済み

今回は甘木鉄道の路線と私の乗車記録です。皆様は乗られましたか?  

甘木鉄道は昭和61年(1986年)4月1日(火曜日)に国鉄甘木線を第3セクター鉄道に転換して、24年が経過しました。国鉄時代は並行する西日本鉄道(通称、「西鉄」)甘木線に劣勢を喫していましたが、それもそのはずで、1日7往復しか運行しておりませんでした。  

甘木鉄道になってからは1日32往復に増やし、筑後小郡を「小郡」に移転改称した上で、西鉄大牟田線(現・天神大牟田線)の乗換えをしやすくしました。“共存”の姿勢が利便性を向上させたといっていいでしょう。

私は甘木鉄道甘木線を全線完乗後は西鉄甘木線を利用しましたが、宮の陣は特急通過駅のため、宮の陣―西鉄久留米間の往復乗車を認める代わりに、特急利用については運賃が若干高くつきました。ちなみに宮の陣は急行と快速急行が停まるので、わざわざ特急に乗る必要はないでしょう。


★備考

甘木鉄道ホームページ

西日本鉄道ホームページ 

★お知らせ

来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は、こちらへクリックしてください(Railway Blogは記事のコメント以外、受け付けておりません)また、Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

※本文、画像の無断引用、転用は厳禁とさせていただいております(無断引用によるコメントは、一切承認しません)。


②メディア執筆記録2009は、こちらを御覧ください。
(2009年発売の商品カタログです)


③執筆実績一覧は、こちらを御覧ください

④執筆依頼、御質問やお問い合わせ等は、こちらへお願いいたします。また、御質問やお問い合わせ等をRailway Blogでコメントされても、承認しない場合がありますので、あらかじめ、御承知おきください。

鉄道のテクノロジーVol.7表紙

⑤私の執筆記事が掲載されている三栄書房刊行、『鉄道のテクノロジーVol.7』が好評発売中です。くわしくは、こちらへどうぞ(御意見などもこちらへ)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 



nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 2

umi37-

おはようございます。
甘木鉄道は近場なので、何度か乗った事があります。
国鉄時代はかなり不便でしたが、甘木鉄道になってからJRとの接続も考慮されたダイヤになり、かなり利便性が高まりました。
また、甘木市内をかつては西鉄バスが運行していましたが、西鉄撤退後甘木観光バスが路線バスを運行し、そのバス乗り場が甘木鉄道の駅前になり、鉄道との接続を考えたダイヤになったので、さらに甘木鉄道の利便性が向上しました。
by umi37- (2010-05-20 06:17) 

岸田法眼

umi37-さん、こんばんは。どうもありがとうございます。

かつての甘木はバスも西鉄の天下だったのですね。鉄道、バスが一体感を強める整備は理想的ですが、本数が少ないローカル線なだけに“連係プレー”は重要ですね。
by 岸田法眼 (2010-05-20 20:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。