So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

今日は建国記念日 観客動員数341萬人突破!! [鉄道評論]

観客動員数341萬人突破!!.JPG

毎度、御利用いただきまして、ありがとうございます。

2005年11月11日(金曜日)に開幕したRailway Blogは、2011年2月10日(木曜日)に観客動員数341 萬人を突破しました。どうもありがとうございます。

さて、今日は建国記念日です。ハ ッピーマンデー法の施行により、月曜日以外の祝日は、新鮮な気分がします。心身ともにリフレッシ ュできるといいですね。

◆ここまでの「2009年の汽車旅4 」シリーズ

・2009年の汽車旅4-1
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-01-07

・2009年の汽車旅4-2
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-01-13

・2009年の汽車旅4-3
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-01- 17

・2009年の汽車旅4-4
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01

・2009年の汽車旅4-5
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-02- 06

・2009年の汽車旅4-6
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-02-10

・2009年の汽車旅4-7
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-02- 11

・2009年の汽車旅4-8
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-02-13

・2009年の汽車旅4-9
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-02- 16

・2009年の汽車旅4-10
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-04-23

・2009年の汽車旅4-11(四国の鉄道完全制覇達成!!) 
http://railway583.blog.so-net.ne.jp/2010-04-30

2009年夏の旅ですが、大幅に遅れており、“回復運転”も不可能な状況です。最後まで、お付き合 いいただければ、さいわいです。


◆2011年1月12日(水曜 日)から2月8日(火曜日)までのmixi日記

■1月12日 (水曜日)
なんて呼ぼう?


0系…だんごっぱな

100系…2階建て新幹線

300系…のぞみ型車両

E1系、E4系…オール 2階建て新幹線Max

500系…怪物

700系…南千住のおたふく患者

さて、N700系にふさわしい名はなんだろうか?

※本日のRailway Blogは、
こちら です(You Tubeは、こちらです )。



※N700系については、「ザブングル加藤」、「ザク」というコメントをいただきました。

■1月16日(日曜日)
予想外の朝
 

朝8時頃に起床したら、外は雪が降っていました。積もったというほどではありま せんが、ベランダの景色を見ると、“このまま積もってくれたら”と考えちゃう。  

首 都圏に雪が降るのは、何年ぶりかは忘れましたが、その後は予報どおりの晴天で、予定通り洗濯。今 日は10度もあがりませんが、なんとか夕方までには乾いてくれそうです。

※本日の Railway Blogは、
こちら です(You Tubeは、こちらです )。



■1月18日(火曜日)
特急〈サザン〉12000系


先日 、南海は特急〈サザン〉用として、12000系の投入を発表した。

特急〈サザン〉は全車 指定席と一部指定席に分かれている列車で、自由席は通勤形電車を連結しているが、12000系でも同様 の運行体制になるだろう。指定席はビジネス客が多いというが、和歌山港からフェリーで徳島へ渡る 人はどのくらいいるのかなぁー?

注目点は私鉄の有料特急では初採用となるプラズマク ラスターだろう。また、私鉄の有料特急では、異例ともいえるステンレス車体も要チェック。南海本 線は海沿いを走る区間があるので、塩害対策や塗装を省く“節約”も兼ねているのだろう。

阪和線は221系が撤退したようで、これにより縛られなくなった。今年は2006年1月以来となる南海に乗車できそうだ。楽しみですね(個人的には“50000系〈サザン〉”があってもいいように思 う)。  

※本日のRailway Blogは、
こちらです( You Tubeは、こちらです)。



■1月20日(木曜日)
続・なんて呼ぼう?

・0系…だんごっぱな

・100系…2階建て新幹線

・200系…雪に強い新幹線

・300系 …のぞみ型車両

・400系…ミニ新幹線

・E1系…初代オール2階建て新幹線 Max

・E2系…セスナ

・E3系…こまち車両タイプ

・E3系1000 番代…不明

・E3系2000番代…キャプテンつばさ

・E4系…2代目オール2階 建て新幹線Max

・E5系…コンコルド

・E6系…800系の弟分

・500系…怪物

・700系16両車…南千住のおたふく患者

・700系7000番代…イ ンテリジェントサルーン、“ひかりRail Star”

・800系…ニコちゃん(または笑顔の悪 魔)

・N700系16両車…ディープインパクト

・N700系7000・8000番代…陶 磁器

・883系…音速の貴公子

皆様、ほかの車両にもニックネームやあだ名 がありましたら、お知らせください。

それにしても、山形新幹線新庄延伸時に登場した E3系1000番代がなかなか思い浮かびません。チクショー。

※本日のRailway Blogは、
こちらです(You Tubeは、こちらです)。



■1月24日(月曜日)
現場とフロント

●JR 西社員 カーブの危険性証言
(mixiニュースより)

2005年4月25日(月曜 日)に発生した福知山線脱線事故は、6年たっても“記憶に新しい”という感覚がまだ残っている。日 本の鉄道史に汚点を作ってしまったわけで、その後もJR西日本は不祥事が続いている。特にJR西日本 への不信感は社員でも持ち、鉄道の現場で犯罪をするというのは「非常事態」よりも、「異常事態」 という言葉を使わなければならない。  

福知山線尼崎―塚口間のカーブは、平成8年 (1996年)に半径600メートルから304メートルに変更。これに伴い、現場のカーブは95㎞/hから70 ㎞/hに制限した。特に上り線は、カーブ手前までの直線を120㎞/hまで走行可能だった。昨年春、岩泉 線でJR旅客鉄道完全制覇を果たしたとき、関西在住40代の男性と色々とお話しをしたが、福知山線の 線路付け替えによるカーブのキツさは新聞記事にもなったという。JR西日本はそのカーブを自慢する ようなコメントをしていたらしく、男性はあきれていた。ちなみに、その男性も岩泉線でJR旅客鉄道 完全制覇を果たした。  

業務上過失致死傷罪に問われ、被告人となった山崎正夫前社長 は無罪を主張。前日に神戸地方裁判所で行なわれた第4回公判で、現場の社員が事故の予測を証言し、 山崎前社長はやや窮地に追い込まれた恰好だ。その社員によると、快速系統の中山寺停車により、所 要時間を変えなかったため、ゆとりのないダイヤになってしまい、運転士の緊張感も増したという。 現場の1人がカーブの危険性を認識しておきながら、フロント(首脳陣)はなにも感じていなかったこ とになるという見方ができる。

2005年は鉄道の重大事故が多く、東武線竹ノ塚の踏切事 故、羽越本線脱線事故は多くの人々に衝撃を与えた。 竹ノ塚周辺の踏切は手動式で、マニュアルを無 視する姿勢が事故を招いた。事故発生翌日には係員を増員し、マニュアルの遵守を徹底化。さらに歩 道橋の増設や手動式踏切を自動化した。現在も竹ノ塚周辺の踏切は係員が常駐し、再発防止に努めて いる。

羽越本線の脱線事故は強風によるもので、事故後、徹底的な再発防止策を展開し ている。いずれも再発防止策は“目に見える”かたちになっており、納得がいく人も多いだろう。しかし、JR西日本は事故の衝撃が強過ぎるせいか、再発防止に向けて、目に見えるものが見つからず、 その後は不祥事ばかりが目につく。また、2012年7月にデビューする予定の特急〈くろしお〉用287系 は、振子車両ではない。これも福知山線脱線事故が影響しているのだろうか?  

2011年 3月12日(土曜日)のダイヤ改正で、大阪―宝塚間の快速を新設。同区間は丹波路快速と併せて15分間 隔になる。これに伴い、JR東西線直通の快速は宝塚発着から塚口発着に変更される。つまり、尼崎― 塚口間の本数が増えるのだ。個人的に事故現場を通る電車が増えることに不安を覚える。

裁判はどういう判決が出るのかはわからない。多くの遺族にとってはJR西日本の対応に不満を持ち 続けたままだろう。補償問題が進まないのに対し、OSAKA STATION CITYは順調に工事が進んでいるの だから。

遺族はOSAKA STATION CITYを“JR西日本最大の愚策かつ愚作”だと確信してい るはずだ。2,100億円かけて作るぐらいならば、その費用を遺族への補償金にするべきではなかったの か。予算を削ってでも補償問題に全身全霊を注ぐべきではなかったのか。OSAKA STATION CITYを見て いると、“安全対策を優先的に進めていないのではないか?”という疑問を持つ。もちろん、並行し てATS-P設置を進めているのはわかっているけども、スローペースな印象を持つ。

長々となってしまったが、今回の公判は現場とフロントの食い違いが明々白々になったといえる。フロン トは理想だけしか語れない。もし、積極的に現場に出向いて、“現実”を感じていたら、このような 事故は起こらなかったのではないだろうか。

どこの企業にもいえるが、フロントと現場 がかみ合わなければ、取り返しのつかない失敗を惹き起こしてしまう。これは政治家にも言えること で、国民とかみ合っていたら、「政治不信」という言葉は生まれなかっただろう。


★備考

・JR西日本ホームページ 「安全基本計画〔平成20 年度~24年度〕」

■1月24日(月曜日)
史上2組目?


●林家三平・国分佐智子がツーショット 婚約会見 交際1週間でプロポーズ!
(mixiニュースより)

不惑の2代 目林家三平と、私と同世代の国分佐智子が婚約を発表した。先週、2人が共演した『水戸黄門・第42部 』が放送されたばかりで、衝撃が大きかった。どうやらこの共演がきっかけで昨年11月から交際が始 まったが、わずか2か月でスピード婚約にこぎつけた。  

私が知っている限り、“『水 戸黄門』婚”は第9部の最終回で共演した2代目格さんの大和田伸也と、ゲスト出演した五大路子以来 ではないだろうか。ちなみに第9部の最終回は番組史上最高視聴率をマークしている。また、第9・42 部は里見浩太朗も出演している。  

私は肩身が狭い立場だが、素敵な女性が現れるとい いなぁー。ちなみに私は神経質な性格なため、好みのタイプを言うとキリがないのだが、ブーツをは かない人が理想かな。その理由は
こちらを御覧あれ

※本日のRailway Blogは、
こちらです (You Tubeは、こちらです )。



■1月25日(火曜日)
衝撃の山陽新幹線
 

2011年3 月12日(土曜日)のダイヤ改正は、山陽新幹線に衝撃が走る。

それは100系の衰退だ。

御存知のように4両車が姿を消し、6両車が残る。しかし、運行区間は岡山―博多間に限 定してしまう。新大阪発着の山陽〈こだま〉は500系7000番代、700系7000番代に統一するためだが、 後者は「〈こだま〉レールスター」と案内しない模様だ。  

このほか、一部の〈さくら 〉は途中駅で〈のぞみ〉に抜かれてしまう。これも衝撃を受けたが、ブルートレインの時代と変わら ないのは、“〈のぞみ〉が早い”ということなのだろう。  

山陽・九州新幹線は、乗っ てみたい列車ばかりで面白くなりそうだ。N700系7000・8000番代の〈さくら〉もいいし、800系の〈さ くら〉もいい。“〈こだま〉レールスター”のサルーンシート、500系〈こだま〉の指定席でくつろい で、九州新幹線に乗り換えるのも悪くはない。汽車旅の楽しみ方は、東海道新幹線よりも充実してい るように思えるし、山陽・九州新幹線のダイヤを見ると、“新しいゆとり”を提案しているようにも 思える。

もし、JR東海が一念発起して、グリーン車3両のうちの1両をグランクラス級に 置き換えれば、ひと味も違うのだろうが、よほどのことがない限りなさそう。  

※本日 のRailway Blogは、
こちらです(You Tubeは、こちらです)。



■1月26日(水曜日)
最速28時間27分


2011年3月12 日(土曜日)のダイヤ改正で、九州新幹線鹿児島ルートが全通するのに伴い、日本最北端の稚内から 、鹿児島中央までの“スピード乗り継ぎ”を机上でやってみた。

◎初日  

稚内7:10(宗谷本線、函館本線・特急〈スーパー宗谷2号〉51D)→12:06 札幌12:22(函館本線、千歳線、室蘭本線、函館本線・特急〈スーパー北斗12号〉5010D)→15:38函 館15:55(函館本線、江差線、海峡線、津軽線・特急〈スーパー白鳥40号〉4040M)→17:56新青森18 :14(東北新幹線・〈はやぶさ6号〉6B)→21:24東京22:00東京(東海道新幹線・〈ひかり533号〉 533A)→23:49名古屋

※東海道新幹線は、東京21時30分発の〈ひかり531号〉名古屋行 きでもOK(名古屋23時24分着)。

◎2日目  

名古屋6: 20(東海道新幹線、山陽新幹線・〈のぞみ95号〉95A)→9:40博多9:49(九州新幹線・〈さくら543 号〉543A)→11:27鹿児島中央  

運賃は27,820円(乗車券は17日間有効)、普通車指定 席特急料金(通常期)は29,140円で、合計56,960円。グリーン車やグランクラスを利用すると、メチ ャクチャかかりそう。ちなみに“次点プラン”として、稚内―鹿児島中央間29時間33分を御紹介しよ う。

◎初日  

稚内7:10(宗谷本線、函館本線・特急 〈スーパー宗谷2号〉51D)→12:06札幌12:22(函館本線、千歳線、室蘭本線、函館本線・特急〈ス ーパー北斗12号〉5010D)→15:38函館15:55(函館本線、江差線、海峡線、津軽線・特急〈スーパー 白鳥40号〉4040M)→17:56新青森18:14(東北新幹線・〈はやぶさ6号〉6B)→21:24東京22:00 ◎2日目  東京6:00(東海道新幹線、山陽新幹線・〈のぞみ1号〉1A)→10:55博多11:04(九州新幹線・〈さくら411号〉411A)→12:43鹿児島中央

これだと普通車指定席特急料金(通常期 )は26,320円で、運賃を合計すると54,140円かかる。ちなみに航空機ならば羽田空港で乗り継ぐこと になり、1日で着いちゃうと思われるが、値段は不明。早割があれば、5萬以下なんだろうなぁー。

※本日のRailway Blogは、
こちらです(You Tubeは、こちらです)。



■1月29日(土曜日)
激昂


●「遺族は強い 嫌悪感」市橋逃亡手記のテレ朝独占映像はドラマ化への布石か
(mixiニュースより)


なにがドラマ化だ。その本を出すこと自体が問題なのだ。幻冬舎は人を選 べ!! 市橋の本が世に出回ったのは、「出版不況」という言葉に振り回されたのが原因といえるだろ う。そのワリには、お台場のブックフェアは今年史上最大規模でやるらしいんだけどね。

※本日のRailway Blogは、
こちらです(You Tubeは、こちらです)。



■1月29日( 土曜日)
千差万別、十人十色


あなたは列車の愛称 を書くとき、カッコはどれを使いますか?

①〈〉

②「」

③ 『』

④〔〕

⑤“”

⑥使わない

これは色々な 書籍、雑誌で上記5点がよく使われているので、“意識調査”をしようかと思っただけです。

※本日のRailway Blogは、
こちらです(You Tubeは、こちらです )。



■1月30日(日曜日)
オオゼキタクに失望
 

皆様、 オオゼキタクという歌手を御存知だろうか? 

私は3年前まで名前を聞いたことすらな かった。聞くところによると、ホリプロという芸能事務所に所属する“「歌手」という名の芸能人” であった。

彼と出会うきっかけになったのは、フリー作家、吉田一紀さんの著書、『モ ハようございます。あの人はなぜハマるのか?』(オーム社刊)だった。彼はその本を読んでいたら しく、みずから吉田さんにメールを送ったという。その後、私のRailway Blogを見つけ出し、コメン トで相互リンクを希望。はっきり言って、仕方なく応じた(基本的にリンクは、コメント10回以上の “常連様”を原則としている)。

数か月後、鉄道居酒屋キハでお会いしたが、その際、 「芸能界はつらいんです」という言葉をこぼし、私は彼に対する不信感を持った。芸能界でなくとも 、人間誰だってつらい日があるわけだから。それにその業界へ進んだ以上、ある程度の覚悟をして当 然ではないだろうか。己に甘い印象を持つ。

余談だが、私も昨年あたりから、ある程度 、名が知られるようになり、戸惑いがある。そうなったのは自業自得なのだから、“サラリーマン以 上に社会人としての責任を持たなくてはならない”と、いつも肝に銘じている。ちなみに私はこの業 界に入るまで14年かかったが、どうやって著述業をすればいいのかよくわからず、遠回りをしてしま ったようである。

彼は歌手というはずなのだが、2007年4月25日(水曜日)にビクター よりシングルをリリースして以来、CDが発売されていない。厳密に言えば、昨年春に『ほのかたび』 を写真展会場で限定販売していたが、のちに通信販売されている。プロの歌手であるはずなのに、な ぜインディーズっぽいことをしているのだろうか。

考えられるのは、ホリプロに所属し ているはずなのに、タレント名鑑を見ると、すでにやめていたこと。事務所やレコード会社との意思 疎通が合わなかったのだろうか。そうでなければ、現在も商業CDを出しているはずだろう。

オオゼキタクを失望するきっかけになったのは、昨年、自身のブログでRailway Blogのリン クを外したことだ。駄々をこねてリンク希望したにもかかわらず、外すとは傍若無人なふるまいで、 私は深く傷ついた。私も彼のサイトを外し、Twitterのフォローも解除した。

彼への疑問は多く、1番理解できないのはライブだ。 近年、一流歌手は「コンサート」という言葉を使わない 傾向にあり、「ライブ」と称しているが、会場は“コンサート”をするにふさわしいところで行なわ れている。だが、彼のライブはライブハウス。普通、ライブハウスというのはプロではなく、アマチ ュアがやるものではないだろうか。

アマチュアの人たちというのは、ボーカル、ベース 、ギターといった役割分担をしてバンドを組み、ライブハウス1回のステージで、3~4組出てくる。こ れを「対バン」という。私は2002年秋に“対バン”の人と話したことがあるのだが、意外なことにプ ロを目指す気がないという。彼らがプロになりたくない気持ちは、なんとなくわかる。夢を追いつつ 、現実を見ているのだと。

アマチュアバンドのステージは対バンを原則としているよう だが、たまに1組しか公演しないことがあり、この場合は「ワンマン」と称している。

プロの場合は“ワンマン”が当たり前なのだが、先日開催された彼のライブでは、御丁寧に「ワンマ ン」と案内していたという。そのライブは色々なプログラムを組んだため、盛況かつ完売したときい ているが、会場となった渋谷のライブハウスは以前行ったことがあるけども、定員は100人前後だと記 憶している。プロが100人前後集めて「完売」というのは即日ならまだしも、数日かかっていれば物足 りないし、プロの歌手が「対バン」、「ワンマン」と称するのはいうのは、いかがなものかと思う。 この場合、「対バン」ではなく、「ジョイント」という言葉を使うのではないだろうか。

歌手活動をしているのはわかっているけども、商業CDが4年も出ていないし、プロ歌手の勲章といえ る『NHK紅白歌合戦』出場を目指す気がなければ、2度とお目にかかりたくない。

そうい うこともあり、昨年あたりから「人」というものが、より信用できなくなっている(人見知り度が高 くなった)。2008年以降、色々な人にお目にかかったが、今後は仕事以外、皆様にお目にかかるのは 御遠慮させていただきたい。

■1月30日(日曜日)
私が知っている範囲では……

●竹内結子の代表 ドラマランキング
(mixiニュースより)

竹内結子は朝ドラに抜擢され る前から知っている。

竹内結子を知るきっかけになったのは、平成10年(1998年)8月 放送の『あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル’98』である。初めて見たとき、“この人はイ ケる”と感じた。過去、高島礼子(1989年放送の『暴れん坊将軍Ⅲ』)、渡部篤郎(1993年放送の『 湘南女子寮物語』)、綾瀬はるか(2003年放送の『幸福の王子』)、貫地谷しほり(2005年放送の『 刑事部屋 六本木おかしな捜査班』)をテレビでひと目見たときに、“将来、大物になるぞ”と注目 し、その通りになっている。自慢話ではなく、たまたまそうなったということなんですけどね。

なので、竹内結子の代表作は、『あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル’98』でけっ てぇー!!(所ジョージの笑コラ調) 私も「代表作」と呼ばれるようなものを書かなくては。

※本日のRailway Blogは、
こちらです(You Tubeは、こちらです )。



■2月3日(木曜日)
千代白鵬は解雇が妥当

●力士ら3人、八百長関与認める
(mixiニュースより)


今年は「信頼回復の1年」であるはずの角界だが、八百長問題が現実と化した。特に千代白鵬 は昨年の野球賭博に関与し、名古屋場所出場停止となっている。“マエ”があり、また問題人物とな った以上、謹慎にさせるわけにはいかないだろう。

初場所後に発覚したグルジア人力士 同士のケンカによる店舗破損問題など、信頼回復に10年かかるのではないかと危惧する。力士は本当 に危機感があるのだろうか? 

これ以上問題が発覚すると、春場所は本当に中止したほ うがいいし、白鵬の7連覇や魁皇の通算勝利記録更新にそれぞれ水をさす。  

※本日の Railway Blogは、
こちら です(You Tubeは、こちらです)。



■2月6日(日曜日)
クリーン大関、明確な判断


●大相撲春場所、開催中止決定… 相撲協会
(読売新聞 - 02月06日 12:11 )
 

角界の八百長問題で、緊急の理事会を開き、春場所の開催中止を決めた 。本場所の中止は昭和21年(1946年)夏場所以来、65年ぶり2回目。不祥事による中止は初めてだとい う(前回の本場所中止は、旧両国国技館の改修工事完成が遅れたため)。  

この問題が 発生したときから、放駒理事長(元大関魁傑)は春場所の開催中止を示唆していた。以前、大麻問題 、野球賭博問題では本場所を強行開催した印象を持っていたが、“ようやく気づいてくれた”という 感じだ。「さすがクリーン大関」と拍手をしたくなる。もちろん、放駒理事長も春場所を開催したか ったんだろうけども。  

八百長問題では、フジテレビの大相撲トーナメント(いつのま にか2日間開催から、1日開催に変更していた)、NHKの福祉大相撲が中止の判断を下した。主催するテ レビ局の適切な判断が日本大相撲協会を窮地に追い込んだといってもいいだろう。  

今回の八百長問題は、携帯電話のメールが発端となっている。特別調査委員会はケータイメールと取組 VTRを検証しなければならず、すべてがわかるまでは長期化する見通しだ。また、八百長は相撲賭博が からんでいなければ、刑事事件として立件することができない。競馬、競輪、競艇などといった「公 営ギャンブル」ではない以上、賭博は犯罪である。  

昨年の野球賭博問題では、関与し た力士を全員解雇(または除名)させなかったこと、名古屋場所を予定通り開催したことに納得がい かなかった。もし、昨年名古屋場所以降も八百長が日常的に続いているのならば、“力士は社会人と しての危機感と自覚をまったく持っていない”と思われるだろう。たとえ、相撲道に精進する力士も “八百長やっているんでしょ?”と誤解されてしまう。  

今回の八百長問題だが、厳正 な処分をしてもらわないと、誰からも愛されない、信用されない大相撲となってしまう。これは芸能 人やライター、カメラマンなどにもいえることだが、“ファンに愛されるのではなく、万人に愛され る”ものを目指していかないと、20年前に沸き起こった相撲ブームは再び訪れないだろう。  

私も親の代からの大相撲ファンなので、度々問題が発生するのは残念だし、腹立たしい。

※本日のRailway Blogは、
こちらです(You Tubeは、こちらです)。



■2月8日(火曜日)
新人女優


●水谷豊夫 妻の愛娘、趣里が女優デビュー!
(mixiニュースより)


このニュース を見ると、“俳優の道を選べばよかった”と考えたくなる(中学の頃から考えていた)。今から役者に転向しても遅いしねぇー。私はフリーライターという“現職”でがんばります。そして、近い将来は“芸域”を広げることができるよう、日々精進します。

※本日のRailway Blogは、
こちらです (You Tubeは、こちらです )。



■2011年2月8日(火曜日)
もう浅草に戻れない?


●小向美奈子容疑者に逮捕状
(mixiニュースより)

2001年夏だったかな、初めて小向美奈子を知った。雑誌の表紙でビキニ姿を惜しげもなく披露。16 歳なのにグラビアでブイブイ言わせるものがあった。

それからの凋落ぶりは御存知の通りだが、またクスリに手を出した以上、芸能界復帰は絶望的だろう。まだ若いのに、人生の大半を棒 に振ってしまっているのが残念でならない。

※本日のRailway Blogは、
こちらです(You Tubeは、こちらです )。

 

◆観客動員数340萬人から341萬人までのあし あと

・2011年2月7日(月曜日)…340萬1000人突破

・2011年2月7日(月曜日)…340萬2000人突破

・2011年2月8日(火曜日)…340 萬3000人突破

・2011年2月8日(火曜日)…340萬4000人突破

・2011年2月8 日(火曜日)…340萬5000人突破

・2011年2月9日(水曜日)…340萬6000人突破

・2011年2月9日(水曜日)…340萬7000人突破

・2011年2月9日(水曜日)…340 萬8000人突破

・2011年2月9日(水曜日)…340萬9000人突破

・2011年2月 10日(木曜日)…341萬人突破!! 

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。