SSブログ
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)、発売中!! くわしくは、こちらへ

東武鉄道大追跡 カバー.jpg

拙著『東武鉄道大追跡』(アルファベータブックス刊)、2021年2月9日(火曜日)発売!! くわしくは、こちらへ

『大阪の地下鉄大研究』表紙

拙著『大阪の地下鉄大研究』(天夢人刊)、2023年10月3日(火曜日)発売!! くわしくは、こちらへ


●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。
     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

〈ひかり477号〉広島行き [プラットホーム2012]

DSC_0148Bトリミング.jpg

2012年3月17日(土曜日)のダイヤ改正で、東海道・山陽新幹線東京―広島間の〈ひかり〉が9年ぶりに復活していた。該当列車は〈ひかり477・460号〉で、ダイヤ改正前は東京―岡山間の運転だった。

今回のダイヤ改正で、〈ひかり477・460号〉が岡山―広島間を延長したのは、山陽新幹線〈こだま〉の運転本数及びダイヤ見直しによるものだ。


〈ひかり477号〉広島行き.jpg

下りの〈ひかり477号〉広島行きは岡山を発車すると、福山、三原のみ停車する(東京15時50分発の〈のぞみ117号〉広島行きに乗れば、岡山で〈ひかり477号〉広島行きに乗り換えができる)。ダイヤ改正前に運転されていた〈こだま765号〉(岡山―博多間)を置き換えた形だ。今回のダイヤ改正で、山陽新幹線下り〈こだま〉は42本から39本に削減されている。

上りの〈ひかり460号〉東京行きは京都まで各駅に停まる。広島―岡山間各駅に停まる列車を1本増発したことで、通勤・通学客に対応し、利便性を向上させているのだ。今回のダイヤ改正で、山陽新幹線上り〈こだま〉は34本から35本に増やしている。

今回のダイヤ改正では、山陽新幹線700系7000番代〈こだま〉の編成内容について、自由席を1~7号車から1~4・7・8号車に、指定席を8号車から5・6号車に変更した。ほかに6号車を禁煙車にしたことで喫煙できる車両もなくなった(〈こだま865・858号〉のみ全車自由席。また列車によって、4号車を指定席に変更する場合がある)。これに伴い8号車の4人用個室は利用不可となった。せっかくの設備を持て余しており、もったいないが、〈ひかり〉レールスター運用時でも利用客が少なかった。

DSC_0154CSC_0155a.jpg

2013年春に行なわれるJRグループのダイヤ改正で、東京―広島間の〈ひかり〉が“存続”するかどうか注目してみたい。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。