So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

さすらいの諸国漫遊記48-4日目 [汽車旅2003]

2003年8月14日(木曜日)、激しい雨となったこの日、初めて徳島の地に足を踏む。  

徳島県でどうしても立ち寄りたいところがあり、阿波池田へ。
 

P1000371.JPG

阿波池田駅から徒歩10分のところに池田高校があり、商店街のアーケードをくぐって、左折したところにある。校門が近代的なのは驚いたが、リニューアルしたのであろう。  

池田高校といえば、高校野球甲子園大会で、「やまびこ打線」の異名で名をはせたところ。かつての栄光は消えかかっている状態だが、グラウンドの打球がこだまして、復活を信じたい。  

再び高知県へ足を踏んだ。甲浦(Kan-noura)というところで、徳島県との県境が近いところだ。先日、台風が直撃したせいか、高知県の大半は稲が倒れて、もはや不作を覚悟しなければならない状況にある。見ていて悲しい。一部の水田は早場米なのか、もう刈り取っているところもあった。  

台風の再来か、雨は更に激しくなってきた。この雨ではビショヌレになることは確実。折りたたみのカサをしのばせているが、荷物をかついで歩くには限界を感じた。  

乗った列車は風鈴だらけの車内だが、心地よい音色は鳴らず、列車が終点甲浦に着くと、さっそくログハウスふうの待合室へ直行!! 座敷に荷物を置いて、昼食購入と旅行貯金を決行する!! ちなみに待合室にコインロッカーはなく、座敷には荷物を留守番させておく人もいた。この雨では置き引きはないだろうと思うも、“取られてしまうのではないか?”という少し不安もあるが、10㎏前後の荷物を留守番させた。  

大きなカンバンをカメラつきケータイで撮影。道に迷った時に備えての措置である。  

さぁー歩く。雨が強く、クツとクツシタはビショヌレ!! 長袖のシャツを着ているせいか、袖もぬれてしまった。  

P1000387.JPG

途中、鯉を放流している川を発見!! 町場の川に鯉を放流しているとは珍しいが、この川は「小池川」という。“小さな池に川がごっちゃになった?!”と混乱しそうな人もいるだろう。

高知に四万十川があるとは全国的に知られているが、小池川を知っている人は地元の人ぐらいしか知らないと思う。ちなみに「小池」という名字は全国で150番目に多いという(本屋で立ち読みをした)。また、第1位は佐藤、第2位は鈴木、第3位は高橋だとか。岸田は何番目だったのかは忘れたが、本には掲載されていなかったので、第151位以降だろう。  


甲浦郵便局



甲浦郵便局で旅行貯金。この雨のせいか、お客は私1人。開店休業状態である。

P1000386.JPG

旅行貯金を終えると、『小池川をきれいにしましょう。ゴミをすてないように』というカンバンがデカデカとたっていた。ゴミの放流を阻止すべく、鯉を放流しているのかもしれないが、激しい雨のせいか、川の水は四万十川のような清流ではなかった。  

ログハウスふうの待合室に戻ると、荷物は無事。甲浦郵便局近くの狭くて品数の少ない商店(近辺にコンビニまったくナシ!!)で購入した昼食を食って、しばらく休む。ドコモの第3世代携帯電話FOMA(P2102V)が圏外で使えないので、mova(当時、N504i)のお天気サイトにアクセスすると、降水確率70%!! 夜に阿波踊りを見物するつもりでいるが、この様子では本日の開催はないだろう。  

ログハウスふうの待合室にアメリカ人女性がやってきた。どこかへハイキングをしたようで、ザックをしょっているが、ワンピースというイデタチ。スカート部分も短く、よくアウトドアができたものであると感心する(普通はズボンでやるものでしょう)。数分後には仲間が勢ぞろいした。  

海部郵便局



徳島への道中は海部で寄り道し、海部郵便局で旅行貯金。やはり、近辺にコンビにはなく、けっこう不便だが、地元の人は“時間内に済ませりゃいい”という感覚なのだろう。  

そして、徳島へ。阿波踊りの開催を心待ちにする人たちで、ごったがえしたが、この日は豪雨により、中止となった。  

徳島ターミナルビル内郵便局



私は徳島ターミナル内郵便局で旅行貯金。郵便局は営業を終了していたが、ATMが稼動していることと、局員が中にいたため、手が1本入れるほどのシャッターで交渉したところ、局名印と主務者印を押してくれることを引き受けてくれた。こういう手を使うのは初めてだが、こういうことは何度もやるものではない。

 

そこのビル内で食事をとるが、JR四国のハッピを着た阿波踊り軍団は“外でできないのなら、中で!!”と言わんばかりに大暴れ。阿波踊り軍団は営業している店の店員の手を休めさせるほど、トリコにした。なんか楽しそうだったなぁー。

★備考

①今回の記事は2003年8・9月に執筆し、一部、加筆・習性したものです。

②今回の動画は
こちらにクリック!!

③岸田法眼のRailway Blog.「2003年の汽車旅6-3」はこちらにクリック!!

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ






来訪御礼のみや記事に関係のないコメントをされる方は上にクリックして下さい(コメントは承認いたしません)。また、我がブログのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
ブログクルーザー
 
岸田法眼のウソつき4択 powerd by けんてーごっこ

 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。