So-net無料ブログ作成
『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!!

拙著『波瀾万丈の車両』、発売中!! くわしくは、こちらへ


事業概要.jpg


 ●お問い合わせ、御依頼はこちらへ。

     

・Railway Blogのコメント、トラックバック承認制になっておりますので、御了承願います。

・Railway Blogに掲載されている本文、画像などの著作権は、各国の著作権法、各種条約及び、その他の法律で保護されています。これらのデータなどについて、私的使用、その他、法律で明示されている範囲を超えて、許可なく引用、複製、改編、転用、電磁的加工、送信、頒布、二次使用するなどの一切の行為は禁止しております。著作権法に関係なく、ルール、マナー、エチケットをすべて守っていただきますよう、お願いいたします(該当する行為があった場合、当方の顧問弁護士より、賠償金を請求させていただきます。必ずお支払いください)。また、新聞、雑誌など、各種メディア関係者で本文や画像の利用等を希望される場合は、お問い合わせフォームを御利用ください(原則として、本文や画像は有償とさせていただきます)。

京阪電気鉄道初代3000系は、2013年3月31日(日曜日)で営業運転終了? [鉄道評論]

DSC_1015P1050177a.jpg

京阪電気鉄道は、すでに初代3000系(現・8000系30番代)が2013年3月に引退することを発表している。

私は、営業運転終了日が2013年3月31日(日曜日)になると思っている。 その根拠は、同社の「京阪×コロプラ 京阪線フリーきっぷ」(大人1500円。小児用はなし。京津線と石山坂本線以外は1日中乗り降り自由)が2012年9月5日(水曜日)から2013年3月31日(日曜日)まで発売しているためだ。このきっぷは、心ゆくまで初代3000系に乗りたい人、撮りたい人、旅行貯金愛好家にはうってつけだ(参考までに、出町柳―淀屋橋間を1往復してもモトが取れない)。

すでに8000系エレガント・サルーン(8000系30番代を除く)のリニューアルが完了しているため、同社のテレビカーは初代3000系のみである。展望席、テレビカー、ダブルデッカー、ノーマル(上記以外の席)、補助席と“メニュー”が多いので乗車ギリギリまで悩みそう。私が思うには、展望席とダブルデッカーの2階席は始発駅、テレビカーは上り列車の乗車がオススメだ(テレビカーのテレビは、出町柳寄りのみ設置されているため)。 

★備考

京阪電気鉄道ホームページ「旧3000系特急車~ラストランに向かって~」
nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブロガーの皆様、御登録をお待ちしております。